• カテゴリー別アーカイブ Uncategorized
  • 猫のトイレトレーニング

    投稿日 admin

    村上豊彦は猫を飼っています。と言っても僕自身は都内で一人暮らしをしているので猫を飼うことはできず、実家で猫を飼っています。実家には二匹の猫がいるのですが、これがもう可愛いのなんの。めちゃくちゃ可愛くて、本当に猫の奴隷になっていますね。アルバイトの帰り道なんかでも野良猫を見つけてはついストーキングをしてしまいますし、周りの人からはやや変な目で見られてしまいます。決して怪しい者ではないんですけどね。忍び足で猫に近寄っていく若い男はただただ不気味なのでしょう。

    最近インターネットで調べものをしているときに、猫関連のブログを発見しました。最近始めたばかりのブログみたいであまり記事はなかったのですが、猫を保護して飼い始めたもののトイレの練習はどうすればいいのか、という悩みをブログでぶちまけていました。まだ始めたばかりのブログですから当然コメントなどもついていませんでしたから、実家で猫を飼っている村上豊彦が思ったことをコメントとして残してきました。

    と言っても、そもそも村上豊彦の実家で飼っている猫はトイレトレーニングなどしたことないんですよ。今さら言うな、というツッコミが聴こえてきそうですが、本当にうちの実家で飼っている猫はトイレのトレーニングなどせずとも勝手にトイレで用を足してくれていました。普通にトイレを設置して、猫砂を敷いてあげたらそこでするようになったんです。まあ猫によって個体差もあるとは思いますが、とりあえずトイレと猫砂をセットしてみてはどうでしょう、というアドバイスをしておきました。多分大丈夫だと思うんですけどね。うちの猫ももともと野良猫だったわけですし。多分本能的にトイレだと分かると思います。


  • 人事担当者の本音

    投稿日 admin

    何事にも一生懸命、それが村上豊彦のモットーです。アルバイトもフットサルもとにかく一生懸命頑張っていますが、親からはもっとまじめに大学に行けとも言われています。はい、それを言われるとかなりキツイですね。決して大学をさぼっているわけではありませんし、行けるときにはきちんと行っています。もう四年生ですから就職のことも考えないといけませんしね。周りの友人たちはもう本格的に就活もしていますし、何となく取り残されている気分も味わっている村上豊彦です。

    村上豊彦もそろそろ本気で就活について考えないといけないなー、と思ってこの前ネットでいろいろ調べものをしていました。その時、たまたま見つけたサイトが気になったので最後まで読んでみたのですが、なかなか面白かったです。実際に企業の人事担当の方が書いている記事のようで、最近の大学生はどいつもこいつも志望動機が嘘くさいとはっきり言っていました。エントリーシートの志望動機はかなり充実させないといけないという話はよく聞きますが、それにしても嘘くさい内容が多すぎると感じている人事担当の方が多いみたいですね。

    そんな嘘くさい志望動機を人事のプロが信じると思うのか、とかなり辛辣に書いていました。まあ、確かに村上豊彦もそれは思います。以前友人のエントリーシートを見せてもらったんですが、なかなか歯の浮くような志望動機をつらつらと書き連ねていましたね。好印象を持たれたいという気持ちがめちゃくちゃ表れていると素人の僕でも思ったくらいですから、これを見る人事の担当者も絶対にそう思うのだろうなと感じました。そういう嘘くさい志望動機は人事担当者を怒らせるだけなのでやめろとも書いていましたね。


  • 安全が魅力のフットサル

    投稿日 admin

    フットサルはとりあえず誰でも始めることができます。村上豊彦はサッカーという下地がありましたが、別にそんなものなくてもフットサルを始めることはできますよ。むしろ何も下地などないほうがいいかもしれません。村上豊彦はサッカーをやっていたのでフットサルも簡単にできると思っていましたが、その思い込みはあっさり打ち砕かれました。余計にショックを受けるだけですし、サッカーのテクニックがそのまま通用するわけではありませんからむしろ下地はないほうがいいと村上豊彦は思います。

    それにしても、フットサル人気は凄いですねー。この前もテレビでフットサルの特集をやっていたのですが、最近では女の子のフットサルプレーヤーとかも多いみたいですよ。そういえば僕たちがよく使っているフットサルコートでも最近はよく女の子のプレーヤーを目にしますね。サッカーでは絶対にない光景なので、これはイイなと思ったのもまた事実。どうしてもサッカーは男臭くなってしまいますからね。サッカーよりも華やかなところはフットサルのイイところだと思います。

    フットサルは可能な限り危険を排除したルールを採用しているのも特徴ですね。サッカーのような激しい接触プレイはまずありません。サッカーだと相手を吹き飛ばすくらいの気持ちでぶつかることも多いですし、それが原因でプレーヤーがケガをしてしまうことも多々あります。僕もサッカーの試合では何度もケガをしました。でも、フットサルではそれをやると一撃で退場になります。はい、文句なしに一撃で退場というケースがほとんど。サッカーのつもりでぶつかったら即アウトです。でも、こういうルールだからこそ女性やシニアのプレーヤーが増えているんですよね。


  • フットサルに目覚めた日

    投稿日 admin

    イヤなことがあったときにはフットサルで汗をかくに限りますね。と言っても村上豊彦は基本的に嫌なことがあってもすぐに忘れてしまうタイプですから、そこまでストレスなどを溜め込むこともありません。周りからはお気楽な男と思われていますね、きっと。もともと村上豊彦はサッカーをやっていたので、フットサルを始めたのもサッカーの延長のようなものだと思ったからです。実際にやってみるとサッカーとの違いに愕然としましたし、フットサルならではの楽しみ方や魅力も知ることができました。

    村上豊彦がフットサルを始めたばかりの頃、「サッカーと同じだしすぐに上手くなるだろう」と思っていました。ええ、かなり舐めた考え方ですね。本気でフットサルをやっている人に聞かれたら殴られているかもしれません。そんな調子で始めたフットサルですが、サッカーと同じようにやってもまったくダメだということがすぐに分かりました。実際にチームに加わってプレーしてみたのですが、瞬殺でしたね。サッカーで鍛えたテクニックもあまり通用しませんでした。

    フットサルをもっとまじめにやってみようと思ったのはあまりにもサッカーの技術が通用しなかったのも理由です。自分のやってきたことを否定されたような気持になりましたし、自分が今まで積み重ねてきたテクニックで何とかフットサルも上手になってみせる、と思ったわけです。まあそれが原動力ですね。今は単純にフットサルを楽しんでいます。大学の仲間やフットサルでできた友人たちとチームでプレーしていますし、いろいろなチームと対戦するのも楽しいですしね。仲間たちと和気あいあいとプレーしたあとは最高に充実した気分も味わうことができます。


  • 効率良く大学に合格するには

    投稿日 admin

    村上豊彦には大学受験を控えた従妹がいます。この前、実家に帰って猫と遊んでいるとたまたまそのイトコも遊びに来たのですが、受験勉強について悩んでいるということでした。高校三年生なのでそろそろ勉強を始めようと思っている、何かアドバイスをくれ、まあ要約すればそんなことを言っていました。そういうわけで、大学受験に合格するための勉強法を指導しようと思ったんですが、その前にまずどこを目指すかをはっきりしないといけませんよね。

    意外とここ盲点ですよね。村上豊彦のイトコも、大学受験のために勉強しないと、と思ってはいるもののまだ志望校をはっきりと決めかねているんですよ。正直これだとあまり効率的な勉強はできません。村上豊彦のときは最初にしっかりと志望する大学を決めましたし、それから試験対策を練っていきました。まずは敵が誰なのかを明確にしないと戦うことなどできません。作戦の立てようもありませんし、まったく無駄な作戦になってしまうことも考えられます。まずは敵を明確に、すなわち受験する大学をしっかりと決めることからスタートですね。

    正直、ここを決めないことには次のステップに進むことはできないと思います。大学によって難易度が異なるのは当然ですし、試験の傾向や対策も違ってきます。目指す大学にマッチした勉強をするというのが効率的に合格するためには大切です。ということをイトコにも伝えました。納得してくれたようで良かったです。とりあえず受験する大学をきちんと決めたらその時に勉強法を教えるからまた来いと言っておきました。この従妹はとても素直なイイ子ですし、地頭もイイ子ですからたいていの大学には自己流の勉強でも合格すると思うんですけどね。

    [レコメンドサイト]・・・村上豊彦のプロフィールサイト