人事担当者の本音

何事にも一生懸命、それが村上豊彦のモットーです。アルバイトもフットサルもとにかく一生懸命頑張っていますが、親からはもっとまじめに大学に行けとも言われています。はい、それを言われるとかなりキツイですね。決して大学をさぼっているわけではありませんし、行けるときにはきちんと行っています。もう四年生ですから就職のことも考えないといけませんしね。周りの友人たちはもう本格的に就活もしていますし、何となく取り残されている気分も味わっている村上豊彦です。

村上豊彦もそろそろ本気で就活について考えないといけないなー、と思ってこの前ネットでいろいろ調べものをしていました。その時、たまたま見つけたサイトが気になったので最後まで読んでみたのですが、なかなか面白かったです。実際に企業の人事担当の方が書いている記事のようで、最近の大学生はどいつもこいつも志望動機が嘘くさいとはっきり言っていました。エントリーシートの志望動機はかなり充実させないといけないという話はよく聞きますが、それにしても嘘くさい内容が多すぎると感じている人事担当の方が多いみたいですね。

そんな嘘くさい志望動機を人事のプロが信じると思うのか、とかなり辛辣に書いていました。まあ、確かに村上豊彦もそれは思います。以前友人のエントリーシートを見せてもらったんですが、なかなか歯の浮くような志望動機をつらつらと書き連ねていましたね。好印象を持たれたいという気持ちがめちゃくちゃ表れていると素人の僕でも思ったくらいですから、これを見る人事の担当者も絶対にそう思うのだろうなと感じました。そういう嘘くさい志望動機は人事担当者を怒らせるだけなのでやめろとも書いていましたね。


コメントは受け付けていません