フットサルに目覚めた日

イヤなことがあったときにはフットサルで汗をかくに限りますね。と言っても村上豊彦は基本的に嫌なことがあってもすぐに忘れてしまうタイプですから、そこまでストレスなどを溜め込むこともありません。周りからはお気楽な男と思われていますね、きっと。もともと村上豊彦はサッカーをやっていたので、フットサルを始めたのもサッカーの延長のようなものだと思ったからです。実際にやってみるとサッカーとの違いに愕然としましたし、フットサルならではの楽しみ方や魅力も知ることができました。

村上豊彦がフットサルを始めたばかりの頃、「サッカーと同じだしすぐに上手くなるだろう」と思っていました。ええ、かなり舐めた考え方ですね。本気でフットサルをやっている人に聞かれたら殴られているかもしれません。そんな調子で始めたフットサルですが、サッカーと同じようにやってもまったくダメだということがすぐに分かりました。実際にチームに加わってプレーしてみたのですが、瞬殺でしたね。サッカーで鍛えたテクニックもあまり通用しませんでした。

フットサルをもっとまじめにやってみようと思ったのはあまりにもサッカーの技術が通用しなかったのも理由です。自分のやってきたことを否定されたような気持になりましたし、自分が今まで積み重ねてきたテクニックで何とかフットサルも上手になってみせる、と思ったわけです。まあそれが原動力ですね。今は単純にフットサルを楽しんでいます。大学の仲間やフットサルでできた友人たちとチームでプレーしていますし、いろいろなチームと対戦するのも楽しいですしね。仲間たちと和気あいあいとプレーしたあとは最高に充実した気分も味わうことができます。


コメントは受け付けていません